夫の浮気を解決!金田秀子夫の浮気相談室

旦那さんの心を開かせる秘訣

カテゴリ: ノウハウ編 投稿日:

●旦那さんの心を開かせる秘訣

こんにちは、『50年後も愛され妻でいられる』夫の浮気相談室の金田秀子です。

先日の電話相談の内容をお聞きください。

「この1ヶ月どんなふうに旦那さんに接しましたか?」
「旦那さんの気持ちを尊重して、指図したり、押し付けたりしないようにしています。」

でもお話を伺うと、ご自分では気がつかないうちに、押し付けているようです。

「『このままだとつらいんだ。』と旦那さんに言われちゃったんです。」
「それで、なんと答えましたか?」
「『私はずっと一緒にいたいよ。』と言いました。」

残念ながら、最後の言葉が少し違いましたね。

自分の気持ちを押し付けたというか、かみ合っていないというか・・・。

言葉がひとつ足りませんでした。


まずは受け止めてあげてください。

「このままだとつらいんだ。」
「そう、つらいんだね。」

そして、すこし間をおいてから

「私はずっと一緒にいたいよ。」

この「そう、つらいんだね。」がどれだけ大事なことか!


「私はずっと一緒にいたいよ。」とすぐに伝えた場合、旦那さんとあなたは、対立しています。

というか、それぞれが自分のことを話しているだけで、じつはこれは会話ではありません。キャッチボールになっていません。

この現象は、女性同士のおしゃべりに時々見られますね。

お互いに、自分のことを話したいだけ話したので、気分がスッキリするので、「変だな?」って気づかないのですね。

「そう、つらいんだね。」と言われた瞬間、旦那さんは自分の気持ちを受け止めてもらったと感じます。

そうすると、あなたの言葉を受け止める準備ができます。

心を開いている状態です。

この一言があるだけで、「私はずっと一緒にいたいよ。」は、相手にすんなり伝わります。



おそらく彼女は、心の中では「このままだとつらいんだ。」を受け止めていたのでしょう。

だからといって言葉を省略しては旦那さんに伝わりません。

受け止めたのなら「受け止めましたよ」とちゃんと伝えましょうね。

コミュニケーションとは、相手に伝わって初めて、うまくいったことになります。


旦那さまの愛をひとりじめを応援していますよ。


浮気される妻から愛される妻

「浮気解決のルール」10日間無料メール講座

旦那の浮気対処法|金田秀子 / 会社概要