夫の浮気を解決!金田秀子夫の浮気相談室

夫の浮気解決|旦那さんを遠ざけてしまう悪い癖

カテゴリ: ノウハウ編 投稿日:

こんにちは、『50年後も愛され妻でいられる』夫の浮気相談室の金田秀子です。


先日参加した会議の隣の席の男性、しきりにボールペンのノックをカチャカチャやっています。そして、反対側の男性は、貧乏ゆすり。


あなたもこんな経験ありませんか?


確かに会議の内容がちょっと退屈になってきてはいますが、ちょっとご迷惑な癖ですね。


ご迷惑な癖は、直してもらえたらうれしいです。


癖って直るんですよ。簡単ではありませんけどね。


癖を直す時一番大事なのは、まずは自分がボールペンをカチャカチャしているとか、貧乏ゆすりをしていることに気づくことです。ほとんどの人が無意識にやっていると思います。


そして、そのことが回りにちょっとご迷惑を掛けていることにも。


次に大事なのが、これを「辞めたい」と思うこと。


そうすれば、やめる方法はいくらでもあります。ただ、少し努力が必要ですけど・・・。


昨日の電話相談のとき、始まって10分ぐらいで相談者の言葉の選び方に悪い癖があるのを発見しました。


そして、「あまり好ましくない癖がありますね」と言うとびっくりされて、「今まで全然気づきませんでした」とのことです。


このご相談者の方、たった10分間で「そうですか~?」「そうですかね~」を連発していました。


聞いてみると、ご本人は「そうですね」と同じ感覚でこの言葉を使っているようです。


でも「そうですかね~」を言われるたびに、私は心が痛みます。否定されて「私は信じてもらえていない!」と感じてしまうので。


おそらく旦那さんとの会話でも、同じようにこの言葉を使っているに違いありません。


正しいコミュニケーションとは、伝えようと思うことが、相手に正しく伝わることです。


たまたま言葉づかいの悪い癖で、相手を傷つけていたら、大変なことになってしまいます。


「私、心の癖を直します!」


すがすがしいお顔できっぱりとこうおっしゃるのは、先日の東京でのお茶会にいらしてくださった方。


心の癖、つまり受け止め方、考え方の癖ですね。


90分もお話していると、その方の心の癖は分かります。それを指摘させていただきました。やはりそんな癖があることにびっくりされていました。


旦那さんとの関係を悪くしてしまった原因に、あなたの悪い癖は関係ないですか?


自分に悪い癖がないか、今一度自分を見つめなおしてみましょうね。


旦那さまの愛をひとりじめを応援していますよ。



浮気される妻から愛される妻

「浮気解決のルール」10日間無料メール講座

旦那の浮気対処法|金田秀子 / 会社概要