夫の浮気を解決!金田秀子夫の浮気相談室

2枚の離婚届け

カテゴリ: ブログ 投稿日:


こんにちは、夫の浮気相談室の金田秀子です。


昨日のご相談者は、4か月前に離婚届を手渡されました。


ご主人の離婚の意思は固く、その冷たい態度は「何も期待するな!」と言っている感じです。


半年前に、ご主人が気持ちを固めた決定的なきっかけがありました。


ある台風の日に、彼女はご主人に「外食して帰ってきて!」と言ってしまったのです。


やさしさに欠けたこの一言で、生活は一変しました。


その翌日から会話はほとんどありません。朝帰りが増え、土日は外出、家で食事はしなくなりました。


そして台風の日から2か月目に離婚届を渡されたのです。


台風の日の一言はきっかけにすぎません。彼女はこれまでの自分の行動が彼をどれだけ傷つけていたか、その時初めて気づきました。


ご主人に触れられても嬉しいとも思わず、避けていましたし、ご主人の行動にイライラして感謝の気持ちなど忘れていました。


ご主人は、「相手は風俗だ」と言っているようです。おそらく嘘でしょう。


でも嘘かどうかなんて問題ではありません。心のよりどころを外に求めたことが問題なのですから・・。


ご主人は離婚届を2枚手渡しました。


一枚は書き損じてハンコを押していない状態のもの。そして一枚は何も書き込んでいない状態のものです。


彼女は淡々と事実を話されましたが、私はそれを聞いて鳥肌が立ちました。


「ご主人が何を伝えようとしているかわかりますか?」


彼女はその質問を聞いて、ハッと気づき、何も言えずに胸を詰まらせていました。


プライドの高いご主人は無言で抗議していたのです。離婚を選択しなければならないぐらい彼だって苦しんでいたのですね。2枚の離婚届でそれを伝えようとしていたのでしょう。


本当に離婚したいのなら、2枚目に記載して判を押して彼女に渡したでしょう。家に帰ってこなくたっていいのです。


そして2~3日前、あと1ヶ月したら出て行くと言われてしまいました。


「あと1ヶ月あるならできるだけのことをしましょうね。」


彼女の思いをたっぷりと聞き、心のエクササイズをしたあとは、電話越しにも笑顔でいることがわかりました。


「今までは、こうなったらどうしようと悪いことばかり考えていました。今は道が開けた感じです。」と力強くおっしゃっていました。


旦那さまの愛をひとりじめを応援していますよ。



浮気される妻から愛される妻

「浮気解決のルール」10日間無料メール講座

旦那の浮気対処法|金田秀子 / 会社概要