夫の浮気を解決!金田秀子夫の浮気相談室

夫の浮気を放任すると?

カテゴリ: ノウハウ編 投稿日:

こんにちは、夫の浮気解決カウンセラーの金田秀子です。


ご主人の浮気を解決する私の手法では、ご主人の行動を詮索したり、問い詰めたりしてはいけないと申しております。


ケータイやかばん、お財布をチェックして、何をしているか行動を調べてはいけません。「どこにいくの?」「何をしていたの?」「誰と一緒なの?」と聞いてはいけません。


このように申し上げると、こんな疑問をもつ方が結構いらっしゃいます。


先日のコメントを引用しました。


「都合の良い、何をしても許される、絶対別れない女房と…旦那さん私の事、そう軽く見てはいないでしょうか?浮気を見てみぬふりしていると…旦那さんが浮気に余計にのめりこみはしないかと…不安で怖いです。


「見てみぬふり」という言葉をみなさんよく使われます。この言葉は行動そのものなので、違っているとは申しませんが、これを「放任」と表現する方がいます。


放任とは、事態の推移になんら手を出さないということです。すなわち、ほったらかしにして、責任はとりませんよということですね。


私が言っている「詮索しない、問い詰めない」は、放任ではありません。


ご主人を取り戻したいという強い感情に従って、愛情あふれる行動をとりながら、「詮索しない、問い詰めない」のです。この行動に対して、あなたは責任を持つのです。


ご主人の浮気を放任していたら、私だって不安で怖いです。この先どんな結末が待っているか、浮気相手に夢中になっている、いつもの冷静さを失っているご主人に、全てをゆだねてしまっているのですから・・。


「詮索しない、問い詰めない」を実行するときには、同時に愛を注いで、信じなくてはいけません。


放任という言葉ではなく、あえていえば、「黙認」でしょうか。暗黙のうちに認めて許します。放任と言うと突き放した感じですが、黙認には愛を感じます。見守っている感じがします。


あなたがご主人にするのは黙認です。


旦那さまの愛をひとりじめを応援していますよ。



浮気される妻から愛される妻

「浮気解決のルール」10日間無料メール講座

旦那の浮気対処法|金田秀子 / 会社概要