夫の浮気を解決!金田秀子夫の浮気相談室

彼の浮気がもたらした輝かしい結果とは?

カテゴリ: ご相談者のお声 投稿日:

こんにちは、夫の浮気解決カウンセラーの金田秀子です。


9月19日の記事でご紹介したAさんとは、その後メールで何回もやり取りしました。そして昨日、このようなメールをいただきました。



金田先生へ


お世話になっています。昨日、マンション解約日立ち合いが終了し、彼と最後の話しをしました。


彼が言うには、9月2日に、しょうもないケンカが原因であの時に何かしらのスイッチが入ったままでそれ以降は、私が何を言っても、どうしてもその気になれない。だからもう元には戻れなくなった。あれがなければ、今まで通り、何もなく過ごせていたのに!確かに原因はオレが作ったが、何もないし!と言われました。マンションも引き払ったし、今更遅いと言ってました。


何であの時に離れたんや!一度離れたらもう無理やねん。今更良いこと言って来られても、気持ちはなびかないと!オレもあのケンカは後悔はしてる。嫌いになった訳でもないけど、遅いんだ。だから無理っていわれました。


私も「わかりました。今までありがとう。」といいました。


彼のプライドでしょうか?それとも、あのケンカが彼には特別なものでひっかかって自分の事も許せないんでしょうか?または、彼女の方に気持ちがあり私の事は見れないんでしょうか?


どちらにしても、残念ですが、彼には私の気持ちは伝わりませんでした。


今後も会社でも会う事がありますので、私も新たな気持ちで彼と会った時は明るく笑顔で接するようにします。彼の事は愛してますが、一旦、心の横に大事に置いておき、自分を見つめ直す事をやってみたいと思います。


色々と相談に乗っていただき、ありがとうございました。こんな事がなければ、自分の今までの整理ができなかったです。


彼にも、感謝しながら、また進んでいきます。


ありがとうございました。




彼の気持ちが、すでに固まっていて、手遅れの状況でした。しかしAさんはマニュアルを実行することで、自分のことや彼のことを、冷静に見つめ、最後まであきらめずにするべき行動をしました。


そして、さらに次のようなメールをいただきました。




ブログに載せていただけるなんてとても光栄です。私のこのような経験が誰かの心に響かせれたら、私も金田先生にアドバイスいただけた事もとても幸せに思います。


昨日、彼に質問してみました。「幸せになりたいと思ってるよね?」


その質問に彼の答えは、「今までもそんな事改めて考えた事ないからわからないし、何が幸せかなんてわからない」と言ってました。


そのことばを聞いて思ったんですが、彼は今回の件で「今」の自分の感情や怒り等がうまく自分で処理しきれずに、自分の感情のコントロールに入れず、自分すらまだ許せる段階にきていないんだと感じました。


今の私の気持ちとは、同じ位置に彼はまだいないんだな。と実感しました。まだ同じ新たな位置にいない彼に、いくら私の思いを伝えても、彼には響かないんだと理解しました。


いつか、彼が自分自身を許すことができたなら、その時に、私のことばが伝われば、私はそれでいいです。たとえ、その時に一緒にいなくても、私が本気で愛した人だから。


金田先生のマニュアルは、夫を取り戻す為のマニュアルだけではなく、すべての人に効果的ですね!


自分自身を見直す為、そして人を思いやるあたりまえの事であるのですが、自分のエゴや素直になれなくてできなくなってしまっている大人たちに、本当に目からウロコのマニュアルでした。


金額には替える事はできません。とてもいい勉強になりました。


本当に感謝しています。


また、彼との新たなミラクル!?が起こる事をひそかに、ポジティブに想像しながら、前向きに明るく生きて行くつもりです(笑)


本当にありがとうございました。

金田先生や周りのスタッフのみなさまにも心からありがとうございました。




Aさんが聡明な方であることは電話相談で気づいていました。


そして、電話相談からの2週間、苦しみながら「考えて」「感じて」、ものすごい勢いで成長されました。


その結果、「彼を丸ごと愛して手放す」という、大人の女性の別れを実現しました。

 

結果は、Aさんの望まないものとなってしまいました。


しかし、彼と過ごした5年間の美しい思い出を汚すことなく、これからの彼も丸ごと受け止めて、前に進み始めることができます。


Aさんのこれからの人生が輝かしいものであることは、容易に想像がつきます。


       

旦那さまの愛をひとりじめを応援していますよ。



浮気される妻から愛される妻

「浮気解決のルール」10日間無料メール講座

旦那の浮気対処法|金田秀子 / 会社概要